うす毛に効く改善方法と治療薬

「最近うす毛になってきてないかな?」なんて気にしていませんか?シャンプー後の排水溝を見るのが怖くないですか?まずはAGAについて理解しておくべき改善することや情報を読んでおきましょう!

*

AGAの原因と治療方法

      2016/02/25

AGAの原因は1つではありません。いくつかの要因があってのことですのでよく確認をしておくべきでしょう。

  1. 男性ホルモンの影響
  2. 本来男性ホルモンは毛を太くするなどの働きがありますので、黒々とした髪の毛を生み出す為にも必要不可欠です。しかし男性ホルモンが特定の酵素と結びつくことによって脱毛を引き起こす物質へと変換されてしまうのです。脱毛物質が増加すると髪の毛の成長サイクルが乱れてしまい、やがてうす毛へと発展していってしまいます。

  3. 母方からの遺伝の影響
  4. 遺伝も1つの原因とされていますが、特に影響力があると見られているのが母方からの遺伝子です。

    AGAになり易いかどうかは遺伝的な要因が関わってきますが、それを左右するのが母方の遺伝子と言われています。感受性が高ければAGAが発症し易く、うす毛リスクも高まってしまいます。

  5. ストレスの影響
  6. ストレスもうす毛と関係していますが、まずストレスを感じると自律神経が乱れます。

    自律神経はホルモンバランスを整えてくれる働きがありますが、ストレスによって乱れが起こるとホルモンの分泌量にも影響し、それによって余分なホルモンが分泌され易くなるのです。結果的に毛根に栄養や酸素が行き届き難くなったり、頭皮の毛穴から皮脂が過剰に分泌されるなどして頭皮環境の悪化も招いてしまいます。

  7. 生活習慣病からの影響
  8. 例えば偏りのある食事内容ですと、髪の毛を育む為に必要なミネラルやビタミン、タンパク質などが不足しますので、丈夫な髪の毛が育ち難くなります。他にも喫煙習慣があったりすると血行不良を招きますので、それによって毛根の働きも落ちてしまうのです。

AGAが発症しても治療は可能

様々な原因でAGAのリスクが高くなってしまうのですが、しかし発症してしまった場合でも治療をすることは可能で、治療方法は大きく内科的治療と外科的治療に分類することができます。

  • 内科的治療
  • まず内科的治療の際にはフェナステリドなどの内服薬、ミノキシジルなどの塗布薬を使います。フェナステリドは原因になる働きを抑えくれる効果はありますが、発毛させる作用がありません。ミノキシジルは血管を拡張する作用がありますので発毛を促進する為に役立ってくれます。その為、両者を同時に活用すると回復し易くなると言われているのです。

  • 外科的治療
  • 一方の外科的治療の際には栄養成分を直接、頭皮に注入することや、まだ髪がある箇所から毛根ごと皮膚を採取し移植する「植毛」という方法があります。

    頭皮に直接注入するには超音波で必要な成分を浸透させる「メソセラピー療法」などがあります。植毛は自分自身の皮膚を植毛することでトラブルはほとんどなく、安心して施術できるでしょう。