うす毛に効く改善方法と治療薬

「最近うす毛になってきてないかな?」なんて気にしていませんか?シャンプー後の排水溝を見るのが怖くないですか?まずはAGAについて理解しておくべき改善することや情報を読んでおきましょう!

*

AGA治療の効果と期間

      2016/03/16

AGAとは、Andorogenetic Alopeciaの略で日本では「男性型脱毛症」のことをいいます。

思春期以降に発症する進行性の脱毛症で、こめかみの上から始まり、生え際が後退することによって特徴的なM字型のパターンとなったり、頭頂部の毛髪が薄くなるあるいは両方から症状が出てしまいうす毛や抜け毛となってしまいます。

AGAを治療するために最も効果的な方法は、薄毛治療専門とした病院に行くこととなります。

毛髪の休止期や退行期

AGAは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンという物質が、5α-還元酵素によってテストステロンから作られ、このジヒドロテストステロンが髪の毛をつくる毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合します。よってヘアサイクルの休止期と発生期以外が乱れてしまい、成長期が早く終わってしまう退行期が来ることで髪の毛が太く長く育つ前に抜けてしまいます。

十分に成長しない細く短い髪の毛も多くなることによって、全体的に髪が薄くなり目立つようになってしまいます。

また、この男性ホルモンが増える理由はさまざまで、遺伝的な物から生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどが上げられます。治すためにはこの男性ホルモンを抑えることと血行を良くすることで改善することができるようになります。

AGAの治療期間

薄毛治療専門の病院では、主にフィナステリドで男性ホルモンを抑制して抜け毛を防ぎ、ミノキシジルで血行を良くして髪に栄養を運びやすくすることで毛母細胞を活性化させていきます。それに加えて現状の生活のカウンセリングを行なって、食生活や生活習慣、運動などを見直しながら発毛を促していきます。

治療はすぐに効果を実感できるわけではなく、ある程度の期間が必要となってきます。最低6ヶ月は続けることが重要といわれています。

生活習慣を改善

生活習慣の改善のやり方としては、血管を収縮させてしまい栄養を運びにくくするタバコは止め、過度のアルコール摂取は避け、頭皮環境を整えるために低刺激なシャンプーで正しい洗い方をする、ヘッドマッサージなどで血行を良くしていくことなども効果的です。

食事の面では、頭皮環境を悪くしてしまう脂質や糖質は控えめにして、髪の毛の材料となるタンパク質を摂取するとともに、育成を促すためのミネラルなどをバランスよく摂取していくことが良いとされています。

また、運動をして老廃物を排出しながら、自分に合ったリラックス方法でストレスを解消することで、うす毛の改善に繋がります。