うす毛に効く改善方法と治療薬

「最近うす毛になってきてないかな?」なんて気にしていませんか?シャンプー後の排水溝を見るのが怖くないですか?まずはAGAについて理解しておくべき改善することや情報を読んでおきましょう!

*

薄毛の症状も1つではない。どのタイプになるのか?薄毛の種類

      2016/07/24

薄毛の症状には様々な種類があります。

    ●AGAの症状

    AGAとは男性型脱毛症のことで、男性が成人以降に、おでこの生え際や前頭部にジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンが分泌されるようになり、薄毛になる作用があると言われています。

    ●円形脱毛症の症状

    円形脱毛症は、年齢や男女差に関係なく発症する脱毛症で、頭部の一部に円形型・だえん形型で生えてこないという症状が発生するというものです。

    髪の毛が生えてこない部分は一般的には1箇所だけのことが多いのですが、幾つもの髪の毛が生えてこない部分が同時に発生したり、髪の毛だけでなく、体毛まで抜けてしまう重症な脱毛症に発展してしまう場合もあります。

    原因はストレスであることがほとんどで、他には自己免疫の疾患である場合があります。

    ●脂漏性脱毛症の症状

    脂漏性脱毛症は、頭皮の皮脂がホルモンバランスの崩れることによって過剰に分泌されるようになり、毛穴を皮脂が詰まらせてしまうことによって、毛穴の辺りが炎症を引き起こして、脱毛の症状が引き起こされる状態のことです。

    皮脂の分泌が多いだけで薄毛なる訳ではなく、毛穴が皮脂で詰まってしまうことによって、常に存在している菌が異常に繁殖してしまい、毛根の部分に炎症を引き起こすことが原因になります。

    ●ひこう性脱毛症の症状

    ひこう性脱毛症は、フケが乾燥して毛穴を塞いでしまうことによって雑菌が繁殖してしまい、髪の毛の毛根が炎症を引き起こすことによって薄毛になってしまう脱毛症のことです。

    頭皮の組織である角質に異常が発生することが原因で、大量に角質が剥がれてフケになり、毛穴をかさぶたのように重なっているフケが塞いでしまいます。

    ホルモンバランスが崩れることによって引き起こされることが多いです。

    ●薬剤の副作用での症状

    また、抗がん剤やインターフェロン剤、抗ウィルス剤、副腎皮質ホルモン剤、男性ホルモン剤などといったそれ以外の薬剤の副作用によって髪の毛が抜け落ちてしまうことがあります。

    一時的な症状であることが多く、自然に回復していくことが多いため一時的なかつらの使用も有効です。

    ●機械性脱毛症の症状

    機械性脱毛症は、髪の毛が引っ張られるようなヘアスタイルを続けていることによって、毛包が委縮してしまうことで引き起こされる脱毛症で、両端のおでこの生え際が後退してしまいます。

    ●抜毛症の症状

    抜毛症は、自分の髪の毛を無意識の内に掴んで抜くことによって、薄毛なってしまう症状のことで、ストレスによる原因であることが多い症状となっています。

    気付かないうちに強いストレスがあり、解消するために抜毛症になってしまう子供も少なくはありません。青年期になると、勉強や受験、人間関係などのストレスで抜毛症になることもあります。