うす毛に効く改善方法と治療薬

「最近うす毛になってきてないかな?」なんて気にしていませんか?シャンプー後の排水溝を見るのが怖くないですか?まずはAGAについて理解しておくべき改善することや情報を読んでおきましょう!

*

AGA治療の検査と費用

      2016/04/05

うす毛の問題というと中高年男性が抱えている悩みというイメージがありますが、近年では若年層におけるうす毛も多くなっていると言われています。

若年層を中心として髪の毛が薄くなっていく要因としては、AGAと呼ばれるものがあり、男性ホルモンの影響によって引き起こされるうす毛が広まっていると考えられています。そのために日本でも全国各地に、AGAの診療を専門的に行っている医療機関が増えています。

血液検査など個々に合った検査

専門のクリニックであれば診察を受けることや、治療薬の処方が受けられることになりますが、それだけにとどまらず血液検査などが行われます。

うす毛の問題は生活習慣や様々な病気が関連していることも考えられるために、個人によって適している改善方法を見極めて治療していく必要があります。

専門的な診療を行っているクリニックであれば、血液の採取などを行うことで遺伝子レベルでの検査を行っているところもあり、患者ひとりひとりに適した方法でうす毛の改善に取り組みことが可能です。

検査などの価格

AGAに関しては一般的な皮膚科や病院を受診して、治療薬であるプロペシアの処方を受けたときの価格は、1カ月あたり15000円ほどが相場であると言われています。

ただし、専門病院であれば様々な検査も行いますので、費用としては一般のクリニックと比較したときに2倍ほどかかることになり、1カ月あたり30000円ほどかかると考えておいたほうが良いでしょう。

内服・外用の治療薬

専門クリニックの中には、オーダーメイドで治療薬の処方を行っているところもあり、内服薬や外用薬を使用しています。患者のうす毛の進行度に合わせて、男性ホルモンを抑制させる働きのあるプロペシアなどの医薬品だけではなく、身体の内側から整えるためのビタミン剤や、サプリメントの処方を行っているところも選択できます。

治療薬などの価格

クリニックを受診することで処方してもらえるAGA治療薬としては、フィナステリド錠であるプロペシアが有名です。プロペシアは日本でも認可を受けていて、うす毛に影響を与える男性ホルモンの生成を阻害させる作用があることがわかっています。プロペシアの価格としては、1錠あたり250円ほどの値段が相場と考えられており、1日あたり1錠の服用を行います。

うす毛を改善させるためには半年以上にわたって治療薬の服用を継続しなければならず、病院で受診する際には健康保険が適用されることはありませんので、自由診療として治療していくことになります。AGAの改善を継続していく上での問題点としては、費用が高額になってしまうと言えます。