うす毛に効く改善方法と治療薬

「最近うす毛になってきてないかな?」なんて気にしていませんか?シャンプー後の排水溝を見るのが怖くないですか?まずはAGAについて理解しておくべき改善することや情報を読んでおきましょう!

*

AGAが原因でうつ病になる可能性はある?関係性と改善方法

      2016/06/09

AGAは男性型脱毛症の事で、確実に進行していきます。

加齢だけが原因ではなく、ストレスや遺伝、生活習慣や食生活といったものも関係しているため、若いうちからなる人が多いです。知らぬ間に進行していき、気が付いたときにはすでに薄毛になっていることがあるため、さらにストレスがたまり、余計に薄毛になってしまいます。

本当にAGAがきっかけとなってうつ病になるのか?

AGAは男性にとってとても真剣な悩みの1つです。

薄毛の人を見たときに「髪が薄い」って瞬間的に思ったりしませんか?思うということは、他人も思うことが多いということになります。自分がAGAだと常に他人から「髪が薄い」と思われてるんじゃないか、という恐怖心や不安に感じたりします。それが進むとうつ病が発症してしまうということになります。

うつ病とはいったいどんな症状が出てくるのか?

うつ病の症状には、

  • 様々なものに興味がなくなる
  • 憂鬱な気分が多くなる
  • 食欲がなくなる
  • 欲が旺盛になる
  • 眠れない
  • 疲れやすい
  • 集中力や思考力が下がる

などということが挙げられます。AGAに限らず、健康を考えると良いものではありません。

しかも、人間の髪の毛は睡眠中に成長するため、うつ病になり睡眠障害が起きてしまうと、髪の毛がうまく成長することができません。また、うつ病になると清潔に保つことが面倒になり、髪の毛の手入れを忘れがちになります。

新陳代謝のリズムが悪くなり地肌に脂がたまりやすくなり、毛穴が詰まってしまうのでフケの原因になったり、頭皮が固くなったりしてしまいます。頭皮が固くなると髪の毛は生えにくくなり、うつ病になったせいで、さらにAGAが進行してしまう可能性が出てくるかもしれません。

改善するにはまずストレス解消

現在、AGAには専門の科もあったり、専門医もいます。近くに専門科がない場合には、内科などで治療が受けられる場合があるので、電話で相談してから通院するのもいいでしょう。そして、通常であれば、治療薬は処方してもらって入手するのですが、個人輸入であれば処方がなくても入手するのも可能です。

まずは、リラックスしてストレス解消から行いましょう。

うつ病の症状からいくつか例を挙げてみましょう。
興味がなくなってしまうのであれば、何にでもとは言わずに何か1つでも興味を持ってみることです。
眠れないことが余計にストレスになると言うのであれば、眠れないなら眠らなくてもいいと思ってみてはどうでしょうか。部屋の明かりを落として間接照明だけにし、眠れなくても横になっているだけでも多少の疲れは取れているものです。
食欲がなくなったら、1食2食くらいなら食べなくてもすぐに弱ったりはしませんので、食べずにいましょう。ただ、旺盛になってしまった場合、食べたいだけ食べるのは体によくないので、量は気にしておきましょう。

何にでもきっちり行わないといけないということはありません。多少緩やかに生活し、ストレスを溜めない、溜めたら少しずつ解消をしていく気持ちでいましょう。