うす毛に効く改善方法と治療薬

「最近うす毛になってきてないかな?」なんて気にしていませんか?シャンプー後の排水溝を見るのが怖くないですか?まずはAGAについて理解しておくべき改善することや情報を読んでおきましょう!

*

AGA(男性型脱毛症)とは?

うす毛の症状として挙げられる内容の中にはAGAと呼ばれているものがあり、一般的にエージーエーと読みます。

AGAは男性型脱毛症が該当していることになり、国内では1200万人以上もの方が症状を実感していると言われています。

AGA(男性型脱毛症)の症状

この症状に関しては男性ホルモンが影響をしている内容や、遺伝が影響をしている内容などを挙げることができます。

実際の症状に関しては

  • 生え際から進行する
  • 前頭部から進行する
  • 頭の真上部分から進行する

といったことが多いものとされており、髪の毛が十分に成長しない状態で直ぐに抜け落ちてしまったり、髪の毛自体が細く痩せてしまうことでうす毛の状態に陥ってしまうことがあります。一般的には男性に限定されている症状が該当していて、思春期以降に多く見られる症状になりますが、30代から40代以降の年齢の方が多く発症してしまうこととしても知られています。

徐々に抜け毛が増えていくことも大きな特徴になり、例えば円形脱毛症のように急に髪の毛が抜け落ちてしまう症状、加齢によってうす毛になるというものとは異なる内容です。

AGA(男性型脱毛症)の治療

AGAの対策や治療に関しては、現在では医療機関で対応しているクリニックなどが存在しているので、気になる方ならば受診する方法で改善できる場合が見られます。

治療方法として有名なものでは服用薬を挙げることができます。世界的に有名になった服用薬が存在していて、基本は毎日継続して飲む方法で徐々にうす毛の状態を改善することに成功できる方が多いことも事実です。医療機関で処方されるAGA治療薬・プロペシア1mgは通販できます。

他にも外用薬を利用する方法もあります。一般的には育毛剤に分類されるようなものもありますが、クリニックによっては頭皮に直接的に注入する方法で薬を用いることもあり、人によっては効果を実感できる場合もあります。

抜け毛やうす毛には頭皮の改善

頭皮環境を常に良好に保つことを目的にすることも良い方法と言われているように、頭皮の状態を改善することで抜け毛を減らすことができる場合も見られます。改善にはヘッドスパの技術を用いる場合もあります。

AGAの治療ではこのような方法で対処することが一般的ですが、改善できない方のケースでは異なる方法で治療を進めることもできます。

薬治療以外での方法

代表的なものでは自毛植毛を挙げることができます。

自毛植毛は名称通りに本人の髪の毛を使って植毛する方法になり、通常では後頭部などの健康的な髪の毛の部分から株を採取する方法で、抜け落ちてしまった頭髪の部分に植え込む方法です。この方法であれば後に本人の髪の毛として成長することになり、殆どのケースでAGA治療を成功できる内容です。

抜け毛やうす毛、ハゲにもさようなら
フィンペシアでAGA治療ができます

公開日:
最終更新日:2016/08/08